ただ不評だった 「TP」はそのままなのか・・・という。 あまり弱いタックルだと周りに迷惑をかけるので・・・。 早速小型のシーバス、ヒラメ、40cm弱程の良型カマスをキャッチする事ができ、使用感のチェックをしてきた。

9

20ツインパワーの場合も例外ではなく、 ボディ自体が非常にガッチリとしていてかなり硬いというのが率直なインプレだ。

2

無償交換で交換されたパーツは手元には戻ってこない。 掛けてからほぼロックしてやり取りすることまで想定しています。

13

Contents• 巻いてみた感想は 期待通りの滑らかさです。 8点 コアソリッドシリーズはもっさりしがちなんですが、18ステラと同じでかなり軽快な巻きが味わえます。

19

15年ぶりにツインパワーを使います。

13

PE2号が150m 安かったのは検討するきっかけでしかなく、一番の決め手は PE2号が150m巻けることでした。 さてさて、今回は新型スピニングリールのインプレッションを。

4

個人的にはツインパワーXDを殺してるだけとかじゃないんだよなぁ(汗). 最近流行りのパワーフィネスでは、PE2号にリーダーを結ばない状態でカバー撃ちをするケースが増えているようです。 これと他のリールを使い比べてみると、負荷を掛けた時の巻きの軽さが違うわけで・・・・・。

左が20ツインパワー。