これからまた何かあるとしたら、ずっとボコボコでお願いします!」とコメント。 さらにはアニメ「銀魂」史上最速の公開16日で興行収入10億円を突破した。

20

さらば、シンジ、レイ、アスカ。

泣いてサヨナラするのも、笑ってサヨナラするのも自由。

また、「今だからこそ言える『ごめんなさい』と『ありがとう』」というテーマでは、神楽役の釘宮が「当初は『下ネタなんて絶対言いたくない!』と思っていたのに、どんな汚い言葉も放送禁止用語も、台本に書いてあればさらりと呟けるように…。 焦らず、思い思いのタイミングで、最後の銀魂を楽しんでほしい。

5

イベントや取材のたびに毎回「ザキ(山崎)がいない」とほかのキャストに嘆かれていた山崎役の太田は今回、満を持して舞台挨拶に初登壇。

4

でもあれは台本に『うろ覚えで歌えなくなる』って書いてあったんです!スタッフの皆さんありがとう、ふざけんな!」と収録秘話を暴露。 最後は日野自身として、「心はいつでも『銀魂』でいっぱい! 最後の『銀魂』、たっぷりとお楽しみください!」と元気いっぱいに締めくくった。 『銀魂』ファンにはおなじみのゴリラの着ぐるみが手紙を持って登場し、釘宮が代読する形で、空知からのメッセージが読み上げられた。

さらば、シンジ、レイ、アスカ。 幾度も終わる終わる詐欺を繰り広げて来たこのアニメも、間もなく本当の終わりの時を迎えます。 1ステージ目と同様、ファンからの質問コーナーを展開したあとは、こちらも1ステージ目でも実施された、ファンから最も票が集まった選択肢を回答する企画「ファンのハートを読め!銀魂クイズ!」に7人で挑戦。

最後に「この映画に出てくる『さよなら』も、今や複数の意味を持った言葉に変化しています。

14

シリーズ累計発行部数5,500万部を超える「週刊少年ジャンプ」(集英社刊)の超人気コミック「銀魂」( 原作:空知英秋)。

10