重慶市のある関係者はRFAに対して、現地の倉庫に備蓄されている食糧は上の段だけ、下の段は砂で埋められており、粉飾工作を行っていると話した。 ニッセイ基礎研究所の研究員が「蝗害(こうがい=バッタの食害)がコロナに次ぐ新たなリスクに」という調査リポートをまとめた。

5

昔から世界各地でバッタが大量発生し、人々を苦しめてきました。

1

仮に進行した場合、その前には大国である中国の食糧を食い荒らしているということなので、 世界中にコロナ以上の甚大な被害を及ぼすのは確実です。 さらに、被害は綿花の加工や販売にも広がっています。

13

念のために補足すれば、支援において相手からの要請を前提にするのは中国の基本方針だ。 アフリカ地域で少なくとも2000万人に影響が出ると伝えた。

20

ただし、その影響はバッタが現れた土地だけに限らない。

3

EMAIL info epochtimes. どうしてバッタの大群が発生したのか? バッタの大群が発生した理由は2つです。 草が枯れ始めると、草が残っている狭い範囲にたくさんのバッタが集まってきて、ますます数が多くなります。 サバクトビバッタは「1日に約150キロメートルも行軍する」という、 驚異的な生態情報がありますが、887キロを飛び続けることはできるのでしょうか? もちろん不可能であり、仮にこの距離を飛ぼうものなら、 6日弱はかかってしまいます。

18

アフリカの半砂漠地帯に棲むサバクトビバッタを例に解説しましょう。 アジアに迫る影 そのうえ、今回はアジアも無縁ではない。 バッタ巨大群の第二波 国連は4月、アフリカでのバッタ大発生が食糧危機をもたらしかねないと「」を各国に促した。

6

自分と同じ体重の量の植物を食べる• 古代エジプトの時代からたびたび大発生して人々を苦しめきたバッタだが、現在、大群がアフリカからアラビア半島を通過、イラン、パキスタンを経てインドに達している。 当然農業にも甚大な被害を与え、過去に何度も大規模な被害を引き起こしている。 新型コロナに手を貸されるバッタ しかし、それでもバッタの大群は各地に飛散し続けており、それは大きな被害をもたらし得る。

13