そしてラストの解釈は、この映画を見た者のエゴイズムが問われることになるでしょう。

14

でも、本当はもうこの時期には気づいていた。 「罪」と「悪」の問題は、似ていて違いますね。 下人は下人で最低なことをしている。

12

彼らはただ凡人なのだ。 飢えを凌ぐために盗みを働く子供達がたくさんいます。 原作は芥川龍之介の短編「藪の中」。

「生きたい」と思うのは人間の本能だから……私が「ただの」悪人ではないと思うのは、このこともあるからです。

15

生きるか死ぬかの場面で、自分ならどんな選択をするか• 3つ目は、『羅生門』の主題を「生きることへの人間の本能」として、その考えに至った理由を書いています。 上にいたのは痩せ細った 老婆で、死体の髪の毛を一本一本抜いている。 それに、そうなったら怖いなあ、あまり考えたくないなあ、という気持ちが、『羅生門』という作品を面白く 読ませているのではないかと思います。

『羅生門』の主題を読み取り、自分の考えを正直に書いているため、感想文を読む人の共感を呼ぶ内容になっています。

20

けれど、その選択は自分の経験によって変わってくると思います。 以上です …続きを読む 「一言でまとめると、」はくどいのでいりません。

19

男に気づいた老婆は驚いて、その場から逃げようとするが、すぐに男に捕らえられてしまう。 なんと格好いいのだろう。

10