「え?誰かから聞いたわけじゃないよね?」とびっくりするぐらい、それ以外の現状もバンバンと言い当てられて! すごい衝撃でした。

8

没年は、1613年(慶長18)に67歳で没したとも、故郷に帰って智月尼 ちげつに と称し、87歳の高齢で没したともいい、また1607年(慶長12)小田原で没したとするなど、諸説があり、いずれも信じがたい。

19

顔を少し右に向け、視線を斜め向かいの南座に送るかのように立つ姿は、とても魅力的です。 慶長17年4月(1612年5月)に御所でかぶきが演じられたことがあり、阿国の一座によるものとする説もある。 このように、お国がかぶき踊りを創始するに際して念仏踊りを取り入れたとする記述が一般向けの解説書や高校生向けの資料集により一般的であるが(山川出版『詳細日本史図説』、『日本の伝統芸能講座 舞踊・演劇』)、この従来説に対して、ややこ踊の一座やお国が念仏踊りを踊った可能性は低いと主張する者もいる。

2

安政5年7月(1858年)江戸・市村座上演の『暫』を描いたもの。 名前からして、金運が上がりそうですよね(笑)。 安政5年7月(1858年)江戸・市村座上演の『暫』を描いたもの 歌舞伎は、2009年には 無形文化遺産に登録されており、阿国も、まさか自分の始めた『歌舞伎踊り』が、400年以上経った現在でも多くの人に親しまれているとは思っていなかっただろう。

13

しかし、加賀の国出身の8歳・11歳の娘という解釈もあり得る。

10

出雲大社の西側に出雲阿国神社という場所があるとのことなので行ってみることにしました。

20

慶長8年()5月6日に女院御所で踊ったという記録があり、文献によって踊ったものの名称が「ヤヤコ跳」「ややこおとり」「かふきおとり」と異なっている。 胃腸が弱いからネガティブ発言ばっかりですw。

8

阿国歌舞伎発祥地の碑(京都市東山区 南座前) 『かぶき踊り』から『歌舞伎』へ やがて阿国は、拠点を京都から江戸へと移した。 以前の私がそうでしたが、風水と聞くと、怪しいものを買わされる、と考える人が多いですし、そういう本が世の中にあるのも事実です。

そんなときに「ダメな女芸人を風水で救えるか?」という企画があったんです。

13