MDSには数種類の病型があり、それによって治療の適応、タイミングなども変わります。 しかし、幸いなことに何の自覚症状もなく、昨年は何とか2人目の子どもを妊娠・出産することもできました。 骨髄系細胞の悪性腫瘍には、他に急性骨髄性白血病、慢性骨髄性白血病などがあります。

10

まだ入院とまではいきませんが、いきなりのことで、今まで元気に動き回っていたのを見ていただけに、わたし自身ショックも大きくこの先のことを考えても不安でしようがありません。 しかし、幸いなことに何の自覚症状もなく、昨年は何とか2人目の子どもを妊娠・出産することもできました。 自分の世話していた者は、2.3回死にかけ、抗がん剤の副作用に苦しみ、放射線をあて、無菌室に入り・・・。

13

とにかく、「自分はいつでも貴方のことを心配している」「いつでも役に立ちたいと思っている」という、気持ちを伝えてください。 他の方からも、すでにとてもよいお答えが出ていますが、白血病といっても、現在は化学治療(=抗がん剤での治療)など治療法が進歩しています。

長期に渡り輸血を繰り返す場合、フェリチン値などを参考にしながらデフェラシロクスの使用を考慮します。 鉄欠乏性貧血などで用いる、いわゆる貧血食は供しません。 他の方からも、すでにとてもよいお答えが出ていますが、白血病といっても、現在は化学治療(=抗がん剤での治療)など治療法が進歩しています。

18

食事について質問をさせてください。 私はアレルギー体質なのですが、その場合副作用がひどくなる可能性も高いといわれました。 細胞の異形成は、骨髄細胞で検討する方が分かりやすい場合が多いです。

6

(病棟内は白血病患者さんが多かったです。

1982年にフランスとアメリカ、イギリスの血液学者のグループから発表されたFAB分類は、血液中と骨髄における白血病細胞(芽球)の比率に基づいて骨髄異形成症候群を5つのタイプに分類している。 ご心配ですね。 核型を用いるのは、核型と芽球の増加との間に関連があるためです。

8%であり、通常治療群よりも約2倍高いという結果でした。 また、動物との過度な接触(キスをしたり)、土いじりなど土やほこりを吸い込む危険がある行為は避けた方が無難です。

18

症状を呈する強い血球減少がある場合は、骨髄の状況(芽球比率や赤芽球の残存の程度 を勘案しながら治療を選択します。

1