そんな時に頼もしいのが、カラーバリエーションの豊富なメイクアップフォーエバーのファンデーションです。 なんか目元と唇が強調されるような感じだしね。 その「渋谷学」のカリキュラムのひとつで、渋谷を民俗学の対象にしたユニーク國學院大學・授業風景な講座が先頃開かれた。

7

そしてノーズシャドウを入れます。 黒肌のファンデーションよりも強い色のシェーディングカラーはなかなか見つからないと思いますが、根気よく探してみてください。

これがギャルたちに「押切もえに似ている」と絶賛されたナベコのギャル姿です。 「美白」と、「小麦色」「ガングロ」「ヤマンバ」という「黒肌」系のキーワードの掲載量を検証してみると、美白のピークを迎えた1999年1~3月頃、「ガングロ」が登場し、2000年7~9月頃の「ガングロ」の低迷とともに秋からは「美白」が再浮上している。

17

なので、みんなこの長い爪で日々生活し、つけまつげなど込み入ったメイクもやっているわけですが、人にメイクをするのだって、ほら、簡単。 ここで伝承の中の「山姥」を検証する。

18

最近になって、有吉さんの番組の中で、 生き残りとなっているギャルの特集がされていました。 ガングロが独自のメイク・アイテムを買い揃えたのは、主に「マツモトキヨシ」や「100円ショップ」「ドン・キホーテ」などであった。

ガングロギャルやヤマンバギャルと呼ばれる女性たちが現れたのは、1998年から2001年くらいにかけてのことです。 白肌の人が使うコンシーラーも、ガングロギャルにとってはリップとして使うもののようです。 そして、ばさばさのつけまつげをつけます。

6

』といったギャル雑誌もたくさん創刊され、渋谷の女子高生たちのスナップ写真が掲載されたり、読者モデルとして活躍したりするように! なんだか歴史を感じてしまいますね。

18