でも、いくらあなたがメールを送ってもらいたいと思ったとしても、相手が必ずしもメールを歓迎しているわけでもないのです。 ) 信長様、仕事の後に一杯 どうですか? (お付き合いいただけませんか?) 信長様、 いろいろと気をつかってもらい、すいません。 「ご返信ありがとうございます」の例文 相手からの返信にお礼を伝える機会は、さまざまです。

15

私の発言で、心ならずも多くの方を傷つけたことをお詫びします。

18

株式会社松永 販売部の久秀です。 よって、「了解」だけで会話も成立、完結します。

却って恐縮いたします。 平素は格別のご愛顧いただき、誠にありがとうございます• 相手の指導してくれた労力をねぎらうために「ご指導いただきありがとうございました」というフレーズで感謝を示すと良いでしょう。 何点かお伺いしたいのですがよろしいでしょうか。

14

「いただき」と「くださり」の違いを理解することによって正しく二つのフレーズを使い分けることができるようになります。 急な質問にも関わらず、ご対応いただきありがとうございました。

大変ご丁寧なメールを頂戴し、誠にありがとうございます。

15

) 信長様、お忙しいところ駆けつけてくださり、 すいませんでした。

13

これは、 謙譲語「お・ご」の使い方を知らないためにくる勘違いです。 企業あて 企業に届く、たくさんの就職希望者からのメールに対応することは、とてもたいへんな業務です。

20