被教唆者たる親族には本条の特例を適用できる。 これらを皆様にわかりやすく解説していく「知っておきたい法律用語」のコーナーです。 ・友人には犯人蔵匿罪の共犯が成立し、処罰される。

「隠避」とは、蔵匿以外の方法により官憲による発見・逮捕を免れしめるべき一切の行為をいう。 つまり、「悪いことをした人は普通、証拠を隠すよね。 しかし、窃盗をする場合は単独犯の場合が多く、大きい成果を成し遂げるより、小さな成果を多く成し遂げる方法が多いです。

1

よって、Aには証拠隠滅罪は成立しません。 なかには、法律で決められていることを守っていない場合もあり、違法な労働環境で働かせていることもあります。

ここで「なぜ、本人が証拠を隠すことをしても罪になることはないのか」という疑問が浮かんできます。

。 ・ただし、参考人の虚偽供述には証拠偽造罪は成立しません(最決平28. 置き引き場合 置き引きとは、被害者が不用意に置いている物を、こっそり盗み取っていくことです。 今回は、証拠隠滅等罪の成立要件についてです。

5

・父親には犯人蔵匿罪の正犯が成立する。

18

しかし、確かに、結果的にみて無罪が確定した者の蔵匿行為の当罰性は低いが、それは量刑上の理由にすぎず、行為時においては嫌疑が濃厚で捜査の対象とすべき者の取調べの機会を奪う行為は、処罰に値するだけの司法作用の侵害があるといわざるを得ない。