葉に厚みがあり、多肉質で光沢がある。 生育期間中に月1~2回ほど液肥を与えるか、緩効性の固形肥料を1~2か月に1回ほど与えます。

5

ウィキスピーシーズに に関する情報があります。

5

また、茎も剛直強くて、しっかりしています。 4 ロゼット状となった冬期の草体。 is-disabled:active,select[disabled]:focus,select[disabled]:active,select. また、特に高温多湿になりやすい夏や梅雨の時期には、枝分かれによる蒸れを防ぐためにも、咲き終わった茎はすぐに切り戻しするといいでしょう。

8

植え替え 鉢やプランターに植えている場合は、2年に1回を目安に植え替えます。 名前がわからないときは、分類別から検索できます。 kiusianus Yatabe Makinoの4種が自生している。

19

まれに白花もあるようです。

生育環境と生態 Fig. は叢生して、よく分枝して広がり、斜上または直立して、高さは10-30cmになる。 株は張りがあって元気なものを選び、芽が3つほどそれぞれの株につくように手で分けましょう。 花 花径2~2. は十字状に対生し、葉身は長楕円形で、長さ1-4cm、幅4-20mmになり、先端は鋭頭で、基部は互いに合生してがない。