貴族の子作りは魔力を染め合ったり妊娠中出産後も魔力を注いだりして、父親側にもかなりの負担で気軽には出来ないはずなのだが、父親側の魔力に寄せないなら必要ない工程なんだろうか 2020-05-15 11:00:38• ローゼマインは神殿長として大神を含めた多くの神に祈りを捧げていたため多くの加護を授かる。 料理にかける情熱は本物で、マインのレシピの魅力に惹かれ、フーゴに追いつくためにより多くのレシピを学ぼうと頑張る。

12

<ローゼマインの手を離れた後も、灰色達や料理人達やローデリヒの著作権料を確実に与える為に。 しかし、父親である先代アウブ・エーレンフェストが引き取ることになったため魔石となる運命を回避。

7

トール ハッセの孤児。 その特殊な圧縮技術はローゼマイン式圧縮方法と名付け、広まっていくことになる。

9

派内の結束と高めるためにガブリエーレがアーレンスバッハから名捧げの慣習を持ち込んだため、中核となる貴族にはヴェローニカやゲオルギーネに名捧げしている者が多い。

貴族社会に戻るために勉学に励み、ラウレンツの説得もあって領主一族に対する感情も飲み込むところを見せたことで、アウブ・エーレンフェストを後見人として中級貴族として洗礼式を迎えることができた。 その交渉の際にローゼマインが発した「より速く」というフレーズを気に入り、その後も使い続け、領内に流行させてしまった様子である。 ライゼガング系貴族とは構成員が重なるが、全く同じわけではない。

6

子供らしい丸みを帯びていた顔は少しほっそりと輪郭を変え、愛らしさのあった顔立ちは玲瓏とした美しさに変わり、すんなりと伸びた指先に子供の丸みはなく、しなやかさを持つ。