Boxing News(ボクシングニュース) 2018年2月21日• この一戦は、ヘビー級王者リコ・ヴァーホーベン(31=オランダ)への挑戦権を懸けて行われるようだ。 ・いきなり相手に背中を向けるグレゴリアン 動画を再生すると、第2ラウンドのはじめから激しく打ち合う両者を確認できる。

11

おいおい……と思ったところで、グローエンハートが背後から強烈な右フック! そのままKOとなり、試合は思わぬ形で終了したのだった。 K-1 rules European champion -76 kg• リコへのリベンジに向けて、強敵アデグバイ相手に再起戦となる。 by judgment アンディ・サワー(オランダ) <スーパーファイト/3分3R延長1R> アンドレイ・ヘラスムチク (ベラルーシ) Def. 2018年3月8日、WBCはホルツケンをWBC世界スーパーミドル級25位にランクインした。

さらに飛びヒザを入れ、右アッパーから右フック、ガジはマウスピースを吐き出しブレイクが入る。 2012 優勝• ・まさかのファン乱入 試合後も会場は騒然としており、グローエンハートの行為に激怒したと思われるファンがまさかの乱入と荒れに荒れた。 5kg契約ノンタイトル戦で対戦し、ダウンを奪って判定勝ち。

ペトロシアン選手からすれば、K-1で戦うグローエンハート選手のデータがほとんどありません。

4

もちろん、実際に手を合わせてその破壊力が想像よりも凄まじいこともあり得るので、リスティ戦のようなKO負けも考えられますが、一度そうした経験をしていることとデータが多いことを踏まえると、仮定1よりはそのリスクは低く、ペトロシアン選手の判定勝利を予想します。

14

場合によっては、ファイトスタイルを大きく変えてくるかもしれません。 改めて現地時間11月7日(土)に、オランダ国内のスタジオを使用して、『GLORY 76』を一般非公開で開催することになった。 ガジは左アッパーから右ロー。

第3代GLORY世界ウェルター級王座(2015年)• 2018年2月20日、元2冠王者でWBC世界スーパーミドル級8位のがインフルエンザを罹患し同月24日にので行われるスーパーミドル級準決勝への出場を辞退したため 、ブリーマーの代替選手としてWBSSスーパーミドル級準決勝でWBC世界スーパーミドル級1位のと対戦することが決定した。 逆にリスティは誰が相手でもガンガン行くので面白いですね。

16

そのほか、プレリムのカードも新たに1試合が発表されている。

15