偽善者のゴミ拾いや、政治家の綺麗ごとの方がよっぽど良い事だとされる。 ひととき この世から消えたかったの 世界が真っ暗で 毎晩泣いていた いっそのこと 消えれば楽なのかな みんなの見つめる視線が怖かった 美しかった時代がつらくて 愛されていないのが すごく嫌で ママもパパもね 見つめてるのに 心は裏腹に遠ざかっていく どうして どうして どうして どうして 時間が薬という言葉は合っていた 日が流れて行くたび 良くなっていったの でも幸せ過ぎるとまた怖くなる 手にした幸せを奪われる気がして 美しかった記憶がつらくて どれだけ苦しんでも 消えなかった 友達もみんなも 見つめてるのに 本当の私から 遠ざかっていく それでもいつの日か 光にさえ なれる気がして すべての痛み 越えたなら 輝ける気がしたの 諦めたくない 眠れない夜を重ねたけど 立ち上がれたなら 私を見つけてくれるのかな Ah. 「人間になんないで」「くり返す」ということから、おそらく輪廻転生を歌っているのだと推察できます。 或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。

今回は、「獣ゆく細道」の歌詞の意味を考察し解説します。

16

それでも何故か席をたった。 ずっと会いたかったその人に会えた時にはきっと、思わず「見っけ!」と叫んでしまうことでしょう。

16

「…プロになるということは、止まらない列車に飛び乗るようなものだ もう二度と降りる事はできない ー負けて転がり堕ちるまでは」 獣ゆく細道(口語訳) 作詞 作曲 この世は無常 皆分かっているのさ (誰もが移ろう) そう絶え間ない流れに ただ右往左往している いつも通りお決まりの 道に潜んでいる秋の夜 着脹れして生きながら 死んじゃいねぇかとふと訝る 飼馴らしているようで飼殺しているんじゃあないか 自分自身の才能を 頭と体、まるで食い違う) 人間たる前の単に率直な感度を頼っていたいと思う そう、本性は獣 丸腰の命を今 野放しに突走しろうぜ 行く先は こと切れる場所 としていざ行こう そっと立ち入るはじめての 道に震えて冬を覚える 紛れたくて足並揃えて 安心していた昨日に恥入る 気遣っているようで気遣わせているんじゃあ嫌だ 自己犠牲のふりして (御為倒し(おためごかし)か、とんだかまとと) 謙遜する前の単に率直な態度を誇っていたいと思う そう、正体は獣 悴んだ命でこそ 成遂げた結果が全て 孤独とは 言い換えりゃ自由 黙って遠くへ行こう 本物 モノホン か贋物 テンプラ かなんて無意味 ナンセンス 能書きはもう結構です 幸か不幸かさえも 勝敗さえも当人だけに意味が有る 無けなしの命がひとつ どうせなら使い果たそうぜ かなしみが覆い被さろうと 抱きかかえて行くまでさ 借りものの命がひとつ 厚く使い込んで返せ さあ貪れ 笑い飛ばすのさ 誰も通れぬ程 狭き道をゆけ. 赤頬思春期 私の思春期へ 作詞:Ji Yeong An 作曲:Ji Yeong An ひととき この世から消えたかったの 世界が真っ暗で 毎晩泣いていた いっそのこと 消えれば楽なのかな みんなの見つめる視線が怖かった 美しかった時代がつらくて 愛されていないのが すごく嫌で ママもパパもね 見つめてるのに 心は裏腹に遠ざかっていく どうして どうして どうして どうして 時間が薬という言葉は合っていた 日が流れて行くたび 良くなっていったの でも幸せ過ぎるとまた怖くなる 手にした幸せを奪われる気がして 美しかった記憶がつらくて 更多更詳盡歌詞 在 どれだけ苦しんでも 消えなかった 友達もみんなも 見つめてるのに 本当の私から 遠ざかっていく それでもいつの日か 光にさえ なれる気がして すべての痛み 越えたなら 輝ける気がしたの 諦めたくない 眠れない夜を重ねたけど 立ち上がれたなら 私を見つけてくれるのかな Ah. 左隣りのOLは携帯に夢中だ。 どんなに どんなに 悩んだの? どんなに どんなに 悩んだの? どんなに どんなに どんなに 願ったの?. 遠くのサラリーマンの咳払い。

エフェクターは、ギターの音を歪めたりグルーブ感を出したりと、音色を変換させる装置のこと。 僕は気付いた。 この部分で印象的なのは「魔法」という言葉。

8

独特の世界観と、現世で待つ人との再会を前にしたワクワク感が伝わってきます。 この歌詞を読めば読むほど三月のライオンを連想します。

6