沿革 [ ]• イオンが再建に関わりだした2001年11月24日の朝礼の際、この詞が唱和され、年配の社員が「懐かしい」という感想を述べている。 映画鑑賞料金プラス1,000円です。

ワーナー・マイカル・シネマズ豊川 (、内)• その後はの一員となった。 なお、看板などは同年内を目処に全劇場を変更した。 :「マイカル茨木(現:)」がオープン。

19

これによりスクリーン数は609となり、を抜いて日本国内最多のスクリーン数を持つ映画興行会社となった。 ではニチイ時代の1970年代後半以降、建物やフロアを家主から賃借する形で多く出店していたが、1990年代からは自社開発物件や計画による大型店舗の出店が行われた。 イオンシネマ高崎、金沢フォーラス開業。

3

マニフェスト 828便の謎 <シーズン2> 3. イオンシネマに名称統一後の映画館については、を参照。

問合わせ先:050-6868-5021【9:00~21:00】• (平成5年):日本初の、1号店をに開業。 2006年3月にグループ会社を吸収合併し、へ商号変更。

3

のに始まり、、、、、を展開した。

9

しかしながら、ワーナー・マイカルの共通前売券が使用できたり、人事交流があったりするなど、実質的にワーナー・マイカルと同一系列の扱いであった。

8

12月5日「開業5周年記念レセプション」を開催。 (平成17年):東京地方裁判所から更生手続の終結決定を受けた(当初見込みよりも早期に終結)。 しかし自社物件でないことからの運営コスト(賃貸料)の増大など店舗の赤字が財政を圧迫した。

4