1970年代から連続ドラマやスペシャルドラマとして度々放送されてきた人気シリーズの最終作となった本作で、往年のメンバーが再集結する。 東京・谷中で三代続く老舗の石材店「石貫」を舞台に、ワンマンで怒りっぽいが人情家の頑固おやじ・寺内貫太郎 小林亜星 とその家族、さらには彼らを取り巻く人々とのふれあいを描いた「寺内貫太郎一家」 1974年、TBS系。 司会進行はが務めた。

10

そして貫太郎たち家族は、それをどう受け止めていくのだろうか…。

4

少年時代の花くま: 第33話• (第4話:警官)•。 今回は、周平がある理由から貫太郎に借金を申し入れたことで大げんかに。

13

ふみ子: 貫次郎の妻(第26話より)• 寺内静江: 寺内家の長女 23歳 4歳の頃の事故で左足が不自由• 事実何もしなかったため収監されず強姦未遂で懲役10か月執行猶予2年の判決が出るが会社はクビになりやさぐれている。 これから先、大助と多江の愛はどんな形に育っていくのか…。 神島四郎:(第7話:貫太郎の学友)• 女達の連携プレーも慣れたもので、ちらばった食器の応急処理と機敏な避難行動はさすが。

1

ところが、嫁いだ2人の娘の様子がおかしい。

時代を越えて語りつがれる家族の姿と絆の深さを描く。 4月3日、赤坂のスタジオでの番組収録中に貫太郎役のが次男役のを突き飛ばすシーンで勢いよく突き飛ばしたところ、秀樹が釘の付いた板に手を突いて大怪我をしてしまい救急車が呼ばれた。 若い頃は、きんに想いを寄せて求婚したこともあったらしい。

12

以降劇中に毎週のように登場) 作詞・作曲: 編曲:• BOX 第3弾(2006年4月28日):水曜劇場「寺内貫太郎一家」第25話-第39話• しかし後に恒久的に寺内家の問題として家族不仲の種になるならば、ひっそりと消えようと考えだす。 タメさん(榊原為光): 「石貫」の職人(女好きのお調子者でいつも貫太郎に啖呵を切っては痛い目に遭う) 安アパートに岩次郎と同居している。 主人公・ガン太郎は貫太郎とは対照的に、ガリガリで情けないキャラになっている。

きんからその電話を代わった周平に感づかれ交際が発覚する。

5

なんと暴行未遂事件の加害者・大助と、被害者・多江(池波志乃)が密かに付き合っていた! 貫太郎は大助を殴り、蹴り、押さえつけて大助の長髪を丸坊主にしてしまう。