東京五輪の開催を直前に控えて「失言王」との評判がある森氏と何の調整もないまま、長く発言させる事務局も不用意だが、今回の発言は目の前にいるJOC女性理事へのリップサービスだったと考えられる。

16

もういじめるのは止めてください。 そう思って。

今週にも理事会が開かれ、後任を決めるよう。 団体名・個人名と所在地(都道府県・海外の場合は国名など)をお書きください。 の会長を務める森氏は、女性蔑視と取られなかねない失言とその謝罪会見での「逆ギレ」で、もはや国民の敵といってもおかしくないほどバッシングにさらされている。

13

org提供 東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長(83)による女性蔑視発言を巡り、森氏の処遇の検討や再発防止などを求めてネット署名を呼びかけた慶応大4年の能條桃子さん(22)らが16日、東京都中央区の組織委を訪れ、15万7425筆の署名を提出した。 筆者の主張のポイントは2つ。

15

こうしたことは森さんやオリンピック委員会だけの問題ではなくて、日本中で起こっている問題だとも思います。

13

東京オリンピック(五輪)・パラリンピック大会組織委員会の森喜朗会長の女性蔑視発言に抗議し、森氏の処遇の検討や再発防止策を求める署名が15万筆を超え、16日、若者の政治参加を促す団体「NO YOUTH NO JAPAN」代表で慶大4年の能條桃子さん(22)ら呼びかけ人が組織委に提出した。

事故を起こした福島第一原発では、つい先日も2京~4京ベクレル(京は兆の1万倍)の放 射能汚染が見つかりました。 言われなかったから原稿も用意してなかった> つまり、森氏はフリーハンドで発言してしまったわけで、事務方との調整なしで「素の森氏」が出てしまったことがわかる。 本当に会長にふさわしかったのかを考えてほしくて、あえて辞任ではなく、処遇の検討を求めた」と話した。

15

ひとつは今年の1月に東京はじめ11都道府 県にだされた新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言、もうひとつは2011年3月11日の東 京電力福島第一原発事故によって発令された原子力緊急事態宣言です。 4日夜、こう呼びかける署名活動を始めたのは、世界の避妊法について情報発信している「 なんでないのプロジェクト」代表の福田和子さん(25)ら有志の女性11人だ。 会見で能條さんは、「これは森氏個人だけではなく、こうした発言を許してきた日本社会も問題だ」と強調。

17