「踊り子」4・7・15・18号の運休を、同年6月1日 - 24日まで継続実施。 (平成16年):JR東日本の「」企画の一環として、東京駅 - 伊豆急下田駅間で臨時特急「 あまぎウォーキング」を1往復運転。 年末年始の臨時列車では、秋までと同様に185系は従来同様・E257系はSVO代替分という区分けが続けられています。

これまでは、ほかの在来線特急で認められるようになっていた定期乗車券と自由席特急券の併用が「踊り子」「東海」では長らく認められず、再度を購入する必要があった。

19

「 十国」(じっこく) 静岡県との間に位置する、「」(そこから・・・・・・・・・の旧国名にして「十国」が眺められるということからの命名だという)にちなむ。 (昭和30年)• 安い切符と安い宿をいろいろ探しまわるより、場合によってはずっと安くなったりするので、まっ先に検討してほしいんです。

7月:電車準急の修善寺編成の東京駅 - 熱海駅間の連結位置を、それまでの熱海方から東京方に変更。

戦後、に週末のみ運転されていたではあるが、東京駅 - 伊東駅・修善寺駅間で運行した「いでゆ」がこの列車の源流である。

5

・:「踊り子」運転30周年を記念して、登場時の塗色に復元した田町車両センター所属の185系A8編成を使用した団体 「特急踊り子30周年記念号」を15日に下り、16日に上り各1本を東京駅 - 伊豆急下田駅間に運転。 各列車名の由来 [ ] 東京駅 - 熱海駅・伊豆半島駅間を走る列車の名称は、かつては前記したように数に富んでいたが、徐々に統廃合されて「踊り子」一種類のみとなった。

19

インターネット予約サイト JRの主なインターネット予約サイトには、『』や『』(いずれも会員登録無料)などがあります。

7

普通車にする場合、やはり景色を楽しむには海側がおすすめです。

8

10月:上り列車が毎週日曜日に運転されるようになり、湘南準急に「 いでゆ」と命名される。 有人改札で3と4のきっぷをわたして外へ出ます。

10