ただし「各デッキの回し方」に回し方のページがある場合はリンクを貼る。 速攻魔法であるものの、デメリットの都合上、追撃には使えない点は注意が必要です。

本編では今回作ったデッキのことについて述べませんでしたが、簡単に言うと「ヴァレット・シンクロン」などの「ヴァレット」関連でリンクモンスターを作り、そこから「バスター・ブレイダー」の動きという感じにしてます。 この効果の発動後、ターン終了時まで自分はリンク2以下のモンスターをEXデッキから特殊召喚できない。

16

今回の新規カードで一番強力と言っても過言では無いカード。

効果が3つあり、1つ目はダメージステップ限定で発動する効果無効。 《シルバーヴァレット・ドラゴン》を3にしても良いかな? ティアマトンは試験的に採用中 《大捕り物》等、列参照的に相性の良いカードも多いので採用してみました。

19

1 :自分フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。 レベル4以下の「ヴァレット」モンスター1体で 《ストライカー・ドラゴン》をリンク召喚、効果で 《リボルブート・セクター》をサーチ• ブースター・ドラゴン ロムルス,天球の属性が引っかかる事があるのでこちらも検討中。 ツインツイスター 昨日、スキドレ真竜にボコられたので検討中。

この効果で特殊召喚したモンスターはエンドフェイズに破壊される。 1 :自分フィールドに「ヴァレル」リンクモンスターが存在する場合、 自分・相手のスタンバイフェイズに自分の墓地の「ヴァレット」モンスター1体を対象として発動できる。

1

肝心なのはレシピよ -- 名無しさん 2017-05-03 11:55:49• ご拝読お疲れさまでした。

この効果で特殊召喚したモンスターは、このターン効果を発動できない。