1924年にPierre Descombeyによって、抗毒素が開発され、の戦傷者の予防・治療に用いられた。

15

最も代表的な全身性破傷風の病期は、次のようになります。 前記の通り破傷風菌は空気に弱いため、浅い傷口では基本的に破傷風菌が生存する事は出来ません。

3

内科(可能であれば感染症内科)を受診しましょう。 口が開きにくくなって物が噛みにくくなり、食事も難しくなってきます。 【破傷風関連の他の記事】• 出典 [ ]• 最悪の場合背骨が折れることもある。

13

喉周囲の筋肉に強直が始まることから、食べ物や唾液などが飲み込みにくくなる嚥下障害や、歯ぎしりも、この時期に見られる特徴的な症状の一つです。

20

動物の破傷風 [ ] 本疾病はヒト以外にも感染する。

3

破傷風特有の症状である「痙笑(けいしょう)」が現れるのも第2期です。 あまりに副作用が強い場合は以前、接種したことがなかったかどうかもう一度確認する必要がある。

7