12

他にも「壇に登る」といった表現がされますが、この場合にも頑張るという要素が含まれています。 「登る」という字には、頑張りや努力を伴って上の方向に行くことを意味しますので、階段をのぼる際に使われても間違いではないように思えます。

17

山くらいの高さなら「登る」がしっくりきますが。

17

上るという言葉は、下から上へと進む以外にも、中央へ寄ることや、話題に取り上げること、高いところへ置くこと、ある数量に達することなどを表現したい場合などにも使用されるものです。 また、死者の数をあたかも「新記録」であるかのようにとらえるのだとしたら、それはあまりほめられた態度ではありません。

18

反対語は「降りる」や「降る」であり、主に天体や神々について表現する際に使用される言葉です。

16

大勢の人から注目を浴びて話をすることは頑張りが必要なので、「壇に登る」という言葉にも努力の要素が含まれていることがわかります。 やっぱり、自分で考えていくにも限界 があって・・・・ 階段の種類 ・直進階段 ・L字型階段 ・折り返し階段 ・螺旋階段 階段の角度 ・急 ・緩やか 以上のことについてのメリット及びデメリットを、教えてください。 まず、階段は移動の手段なので、「階段を使う」「階段を進む」という表現ができます。

6

引用: 上るでいいけど、やっぱりどっちでもいいという意見。

12

ちなみに、「上る」・「登る」・「昇る」の他にも同じ読み方をするにもかかわらず、異なる表記をする文字もあります。

13

この場合にも、その時の状況や話し手の表現したいニュアンスが影響を及ぼします。 立ち昇る 上昇する の意• run up the stairs 「run up the stairs」でも階段を駆け上ることを表現できます。 4.従って、ここでは元、本、素などの漢字は適切ではありません。