「コロナは宇宙人にもうつる(衝撃!)ので、一時UFOの飛来が減りましたが、彼らは対応策を見つけた。 都市伝説"関暁夫による人間のルーツを探る旅をプレイバック! 精神テクノロジーの発達により人類の謎を紐解く時代が到来。

時間も大幅に短縮しての開催となった。

8

この地こそ、人類がどこからやってきたのかを紐解く鍵が隠されている。 また、小豆の皮を細かく砕いたものとステンレスを混ぜ合わせると、優れた宇宙服を作ることができるとも言っていました。 期待に胸を膨らませながら本紙記者は空にカメラを向けて撮影を試みたが、2時間の撮影中、残念ながらUFOをとらえることはできなかった。

その具体的事例を振り返り、UFOの専門家の分析や懐疑論者の反論を交えてエイリアン・アブダクションを分析するドキュメンタリー映画「UFO真相検証ファイル パート1」(9日公開)、「同パート2」(30日公開)が、マニアの間で注目されている。

1

UFOが活動を活発化させ、メッセージを送っている? 日本UFO協会会長で宇宙科学研究家のミスターキャロ氏と、本紙でもおなじみのUFOコンタクティー武良信行氏(宇宙ネーム=武良ラムゥ)が6日、大阪市の道頓堀でUFO個人撮影会を開催した。

11

それにしても、UFOが活動を活発化させているのはなぜなのか? 武良氏は、1週間ほど前に南極の地下深くにある宇宙人の基地からコンタクトがあったことを明かした上で「UFOはコロナの経過を観察するとともに、富士山の動向に注目しています」と語る。

17

4月9日、カザフスタンからISSに向けて発射されたソユーズには、2人のロシア人宇宙飛行士と、NASAのクリス・キャシディ宇宙飛行士が搭乗していた。 もともとあったものではないか?と確認すると「そうじゃないです」とキッパリ。