いずれにしても、フロントグリル付近に不自然なパーツが装着されていないかを確認することがひとつの手がかりとなるでしょう。 黒いのは交通指導課所属で、上記のWRX S4同様、お目にかかる事はあんまりないでしょう。 .その存在が噂されていたWRX S4の覆面パトを捕捉する事に成功しました! ドライブレコーダーの画像を拡大しているため見にくくてスミマセン。

18

当然のことながら一般車両のルームミラーは1つだけですが、覆面パトカーの場合は必ず2つのルームミラーが装着されています。 青色(WRブルーマイカ)塗装で赤灯2個載せ仕様です。 ただ、基本的にパトカーは標準仕様が基本なので、 WRXならリア・スポイラーを着けたいところですが、 オプションなので、当然装着していません。

このスバルの覆面パトロールカーは高知県警察の高速隊で実際に活躍しています。

1

ですので後ろ姿はかなりイビツで、大口径マフラーに、リア・スポイラーなしの WRXはかなり違和感ありで、マニアが見れば明らかに「あやすぃ~」 インプなこと受け合いです。 警護用の覆面パトカーとは、政府関係者や要人などのVIPを警護するために使用されるものです。 覆面パトカーはナンバーから判別できる? 覆面パトカーのナンバーは特殊なものが使われており、一般車両のような3ナンバーや5ナンバーではないといわれていた時代もありました。

13

スバルの特徴である水平対向エンジンは少し再現されています。 埼玉県警・高速道路交通機動隊の隠し球か! 「所沢301 め 35-27」には気をつけろ! WRX S4の覆面パトカーに遭遇したのは、東京外環自動車道の新倉パーキング 上り。 とはいえ、その存在感が抑止力に繋がるのであれば、それもまたアリと言えるのかもしれない。

11

ドラマなどで目にしたことも多いと思いますが、日常生活のなかでは目にしたことがないという方も多いでしょう。 シルバー(プレミアムシルバー・メタリック)塗装です。

8

クラウンの場合は前面にあるエンブレムを挟んだ位置に装着されることが多いですが、車種によっても取り付け位置は微妙に異なります。 制限速度をきっちり守って走行している車両があった場合、それは覆面パトカーである可能性があります。

13

当然のことながら無線装置である以上、送受信するためのアンテナが必要となります。 だって、機動捜査隊って、いわゆる刑事さんのいる部署ですし、 スピード違反などの交通系とは無縁の場所ですよね。

ボンネット開閉アクションがあります。 交通取締用は一般道や高速道路などで交通違反の取り締まりを行う際に利用する覆面パトカーで、車に乗るユーザーにとっては身近な覆面パトカーといえるでしょう。