最後に、「モバイルデータ通信ネットワーク」をタップします。 楽天モバイルのMNOサービスでは、iPhoneは取り扱っていないが、SIMカードを入れ替えると使える場合がある。 今のところは気になるのは、 ・パートナー回線からのRakuten-Linkによる電話発信ができない事がある ・楽天回線エリア内でもパートナー回線をつかみに行っている といったところでしょうか。

6

筆者は iPhone 12 Proを楽天モバイル回線で試用するにあたり、これまで使っていた物理SIMからeSIMに変更した。 申し込みが完了すると、数分程度で「eSIMプロファイルダウンロードのお願い」という件名のメールが届くので、再度my楽天モバイルを開きます。 ただし手数料がかかるので、移行ミスがないように慎重に行ってください。

6

確認の上、「次へ進む」をタップ すると、登録アドレスにメールが来ます。

このQRコードをeSIMを入れたいiPhoneで読み取ります。 【楽天モバイル】eSIM確認、Rakuten Link作業 ここまでの手順が完了すれば、iPhoneで楽天モバイルのeSIMを使った通信が可能となっています。

使えないiPhoneもありますし、設定などもしなくてはなりません。 (画面上の番号の下部分に主回線またはrakuten linkと表示されています) rakuten linkアプリもシンプルで使いやすい. 各社のSIMを実際に挿して通信できるか確認してみた。

17

早速、無料サポータープログラムで使用している楽天モバイルのSIMを試してみた。

10

期間限定なので、キャンペーンが終わる前にどうぞ。 契約プラン名の下にある「各種手続き」を選択したら、「SIM交換」を選ぼう。 iPhone XSシリーズや11シリーズでは、1台のスマホで2回線(2つの契約・電話番号)を同時に利用できるデュアルSIMに対応しています。

8

特に気になるのがiPhoneの利用だ。