ぜひともたくさんドラフトして他の人に差をつけていきましょう! それでは皆さん、また次回の連載記事でお会いしましょう!. 炎の大口、ドラクセス ターン返ってきたら勝てそう。

3

当たり前の事を言っていますが、特に後者は少し太くする意識を持つ上では重要と考えます。 序盤耐えたのち、や・などで勝ちに行く。

ただし今回は 緑に2種類の蜘蛛がいることや、普段なら地上で止めて空から殴ることができたが、今回 地上クリーチャーのパワーが非常に高くすれ違って殴れないこともありいつもより難しい。

20

濠のピラニア 4点 大胆な盗人を一方的に止めれるというだけで優秀。 全知で相手よりも4枚多く引くと普通は試合が終わります。 青・レア 裏切りの工作員 8点 相手のボムを奪う動きはめちゃくちゃ強い。

3勝数と大きく変わる項目になりました。 これは あくまでドラフトの基礎です。 ただし除去も4マナ以降が中心となるため、基本的には クリーチャーで序盤を凌ぐ必要がある。

4

アリーナでも人気のアーキタイプではあるが、 接死に弱かったり、除去コントロール等に弱かったりと弱点も多く中々難しい。 例2:赤緑トークン 除去が殆どありませんが 代わりにコンバットトリック多めの赤緑(ほぼ緑) トークンでサイズの上がる《》が2枚。

17

サイズも能力も全知だと最強。 クリーチャーのマナ域ごとの枚数も、記事で説明している内容とほぼ同じ数に収まっています。

14

ピック・構築時に気を付けることは、とにかく 序盤の除去と守りを重視すること。

5