第4回大会から第12回大会は2月の第4日曜日に実施されていた。 当初、開催日には「」が予定されていた。 (全労済)• しかしいずれにしても、今回のことは誰しも想定外である故、責められないと思われる。

これは、3万人規模の市民ランナーが参加するという日本では屈指の規模のため、当日の混乱を避ける措置である。 9:10 - マラソン(42. テレビ・ラジオ中継 [ ] テレビ中継は東京国際マラソンに引き続き、()と()が隔年で担当する。 6.私は、大会開催中の事故、紛失、傷病等について、主催者側が加入した保険の範囲内で主催者にその補償を求めることとし、主催者のその余の責任を免除します。

7

小川裕夫 2017年2月22日. ランナー1人当たりに換算すると約5万4800円(18年の参加料は国内1万800円)だ。 地上波ラジオ放送 関東広域圏 (AM・ワイドFM) - - (AM) ネット配信 [ ]• 横浜マラソン 15000円• これはフルマラソンとは限りません。

8

とはいえ、本当に想定外のものに関しては、 流石に対応不可能なことも事実である。

20

なお、健康保険証は必ず持参して下さい。 (オフィシャルカー提供、2007-2010年)• 約5,000人の人員を配置して、約7時間に及ぶ公道の規制・封鎖による警備を行っている。

9

10