1.不具合の状況 1 ディーゼル燃料噴射装置において、燃料ポンプおよび燃料噴射ノズルの強度が不足しているため、燃料通路部に亀裂が発生することがあります。 この理由で取り付けられているフィルターが健康である内に交換しなければならない、ということ。 やれやれ。

20

トヨタ ハイエースバン• 給油口を開け、内圧を逃がす。

このドレンコックを緩めて溜まっている水分を抜き取ります。

18

エコマックスJr (吸湿高密度フィルター と ボンベ付重量計) 少し話がそれますが・・・。

8

場所を作業台に移して、 ケースの締め付け具合を確認するマーキングをします。 (助手席ごと上にカバッとします) 最初に、燃料給油用のタンクキャップを外しておきます。

2

今回は車検整備でご入庫頂いた200系ハイエース! 以前は良く取り替えていた燃料のフィルターですが、 最近は付いていない車種が有ったり、交換時期が延長されていて、 なかなか取り替えなくても良く成って来ています。

3

お客様のご愛用車が対象車両かどうかは、でご確認いただけます。 コモンレール式のディーゼルエンジンは 超高圧で燃料噴射をしますので、 インジャクターノズルは 非常に繊細です。 代車はカローラハイブリッド。

メーカー様には、モノが世に出る前にしっかりと耐久性を確認してて頂きたい!(と同時に、自分もエンジニアなので気をつけよう) 他にも「」タグで色々と記事書いてます。 フィルターケースの内部を掃除して新品濾紙を取付けます。 他のメーカーから買えば 1500円なんてものも存在します。

2