東京マラソンから僅か2ヶ月後の4月28日にに出場、2時間27分台で女子総合15位という成績であったが、「」(期間内の上位2記録平均が女子2時間28分以内)でのMGC出場資格を獲得した。 体力も勢いもある選手ですし、もしかしてオリンピック出場も叶えてしまうかもしれません。 いわゆる「足(の力)を残しておく走り」ですね! それと 普通の女子ランナーだと上に高く跳ねてしまうシューズらしく、でも 一山さんの頭の位置のブレを見ると、ほとんどないですね。

10

33分19秒で通過した。 オリンピックまでに世界レベルの記録に追いつくのではないでしょうか。 - 18,667 ビュー• 今回ご紹介する女子アスリートはバドミントンの高橋礼華選手です。

13

1,577• 名古屋ウィメンズマラソンでは、悪天候の中、本当にお疲れ様でした! そして、東京オリンピックマラソン代表内定、おめでとうございます! 東京オリンピックでの素晴らしい走りを期待しつつ、応援していきたいと思います!. 駅伝部として全国高校駅伝への出場を目指すが叶わず。

10

222• 後続を一気に引き離した一山麻緒選手は、 2時間20分29秒でゴールに入り、 東京オリンピック出場条件となるタイムを更新することができました。

16

ストライドが大きいのも影響してるかもしれません。 先頭は1時間6分49秒で通過した。

1

2月3日の丸亀ハーフマラソンは、1時間8分56秒で5位で、「後半が力不足。