神々 [ ] シュメールの神の彫刻、紀元前2550年と2520年の間 シュメールではもともとを通したが信仰されていた。 穀物倉やは通常は神殿の近くにあったろう。

11

しかし博士によれば、シュメール人は、これらの惑星についてまるでこの目で実際に見たかのような、正確な記録を残しているという。

8

シュメール文明 謎の多いシュメール文明 文明の一大ブレイク 紀元前5000年ごろ、のちにメソポタミアと呼ばれるチグリス川とユーフラテス川に挟まれた沿岸地帯、現在のイラク南部にあたる地域に、ある農耕民族が住みついた。 シュメールの神々は角のある王冠を頭に戴く。 これも、そう長くは続かない。

7

ちょっと待ってください。

6

事実、 スキタイの土地には多数のギリシャ人がおり、華美な装飾品や家具などをスキタイのために作っていたといいます。

5

また、日本語はウラル・アルタイ語族であると言う説は正しくはないが、大陸で多くの言語に影響を与えた証である。 シュメール人とは?起源は? メソポタミア文明の基礎を作ったのが、シュメール人。 帆掛け舟は、瀝青で防水をした特徴がある。

19