わたしの幸せな結婚(小説)2巻の感想 小説の2巻では、美世の異能と薄刃家を中心に ストーリーが進んでいました。 無能と言われてたけど、実は違うなんて。 クレジット発行はもらえるボーナスコインも多いですが、発行の手間がかかるのがネック。

12

いくら母親のせいだとしても、美世への扱いはやりすぎだと思います。 話を静かに聞いていた清霞は、死ぬまで自分の傍に居ろ、と美世に強く言うと、美世は、旦那様のお役に立てるように頑張ります、と清霞の着物を握りしめて、精いっぱいの力を瞳に宿して清霞に伝えた。

14

そこへ斎森家の使用人が慌てて駆けてきました。 うたた寝している美世は夢にうなされ泣いていました。

唯一の味方だと思っていた幼馴染も遠い存在に! 邪魔者になった美世は冷酷無慈悲と噂される久堂家に嫁いでいきます。 U-NEXT無料トライアルについてはこちらで紹介しています。

9

幸次を助けてくれていますし、悪い人じゃなさそうです…。 でもヘタレな幸次がよく頑張ったと思います。 辰石の目的は美世の持つ 『薄刃の血』 という力を手に入れたいらしい。

3

それは美世を手に入れたい辰石は、美世の父親が美世の価値に気付いて美世を囲い込んだりしないよう、美世は孤立しているほうがよいと考えていたからでした。 どうするべきかと考えていたところ、辰石の息子の幸次がやってきました。

薄刀家は飛びぬけた力を持っていました。