一刻を争う緊急事態です。

2

クーイングはコミュニケーションの発達を表す動作のひとつですが、クーイングをしなくてもきちんとコミュニケーションが発達していることも多くあります。 ミニトマトやブドウなど丸くてツルツルした食べ物は、ヒュッとのどの奥に入ってしまいやすく、とくに気をつける必要があります。

20

鼻水が鼻穴から出るのではなく、鼻の奥からのどに落ちてしまう状態が「後鼻漏」です。 チックの9割以上が一過性チックと考えられています。 スポンサードリンク 赤ちゃんのお世話をしていく中で、いろいろな症状や病気にぶつかります。

5

赤ちゃんは孤独なファイターなのです! 赤ちゃんは生まれてから1年以上経過しないと言葉を話す事ができませんよね? だから時として自分で対処をしなくてはならない事だってあるのです。

4

「昼間は元気にしているのに、夜になると突然咳き込むようになる」という赤ちゃんは珍しくありません。 ただ、ぜんそくは夜寝ているときにひどくなることが多いので、この場合はぜんそくとの診断はできません。

5

もっとかわいい声で喋ろうね~」と話しかけたり、私自身が高めの澄んだ声で喋ってみたりしていますが、なにぶんまだ4ヶ月なので理解してもらえません。

「どうしたの? 目が痛いの?」「もう一度言って」などと大人が気にして話題にすればするほど症状が明らかになってきます。 喉頭軟化症 赤ちゃんの喉の音がゴロゴロではなく、「ゼーゼー」「ゼロゼロ」という音がしているときの多くは、 喉頭軟化症である可能性が高いです。 喉がゴロゴロ鳴るのは、病気ではない? 2016. まとめ 赤ちゃんや子どもはもちろん、大人でも 気道に異物を詰まらせると窒息につながることもあり、非常に危険です。

これは単なるクセ? それとも何かの病気?」 このような状況に悩んだ親御さんは少なくないのではないでしょうか。

2