この執筆者は5Gの陰謀論を流布している人物によるものでした。 2019年から2020年にかけて、5G用の衛星がアメリカと中国を中心に2万基以上も打ち上げられる予定である。 私たちは様々な説についてやみくもに信じるのではなく、 信頼できるデータにもとづいて5Gの安全性を見極めるべきと言えるでしょう。

まだまだ調査が必要 また、DailyMailの記事の情報源のほとんどが、反5G運動家のマークスティール氏によるものであること、 流産、鼻血、不眠症のどれもが、5Gによる電磁波以外の原因を調査していないか、公開されていないことを考えると、 これらの体調不良と5Gの電磁波を相関付けるのは難しいのではないでしょうか。 もちろん医療技術の進歩という背景もありますが、5Gによる健康被害という問題を考えた際にこれは無視できないでしょう。 雄ラット 副腎腫瘍、脳腫瘍、がん性心臓腫瘍 雌ラット 変化なし マウス 変化なし この研究から言えることは単純に「発がん性がある」という結論ではありません。

次世代高速通信規格として、すでに米国と韓国ではサービス開始。 その結果、雄のラットにのみ変化が現れました。 5Gのテクノロジー導入に関心が高まっていますが、本当に私達にとって安全なのでしょうか? いくら便利でも、私達の健康が脅かされては本末転倒ですね。

12

じつは欧米では、船瀬さんの危惧するような事例が相次いで報告されている。 2年間の3000万ドルかけた調査で、ネズミを使った実験にり証明された。 自分でファクトチェックしてみよう!! 女性自身をクオリティの高い情報源であるとの認識を持っている人は別問題として、簡単なファクトチェック方法をお伝えします。

8

通信エリアの確認や駅の中、周辺の機器に影響が出るかどうかを確認する実験だったようです。 とはいえ、まだ証明されていないだけであり、完全に安全だと言い切れるわけでもありません。 これは本当に止めなければいけない物だと確信しました。

ポケットではなく、カバンなどできるだけ身体に近づけないで持ち歩く ・5Gでムクドリの大量死は嘘・デマ? 2018年11月5日に「Health Nut News」というブログ上で「オランダのハーグで行われた5G実験中に、数百羽の鳥が死んだ」という記事が投稿されました。 もう少し厳密には無線周波放射 RFR と呼ばれるものです。 5Gの健康への影響が未確定であるとして、導入に慎重な国も存在しています。

5

さらに、自宅にいても高画質のVR映像によって、臨場感のあるスポーツ観戦やゲーム内での疑似体験を楽しめるように。

20

4Gに比べ、格段にネットワーク速度が速くなる5Gに対し、「基地局の電波の強度が高くなる=放射能も高くなる=健康被害が発生する」と考える人もいるようです。 日本でも来年春から本格的な商用サービスが始まる予定だ。

14

サツイと悪意がある代物です。

11