長い時間、ゆっくりともやすことができます。 大きな水鉄ぽうのようなかんじです。 ぼくは、このはかりでやってみたいなとおもいました。

4

もっとも大事 (だいじ)な柱 (はしら)である「だいこく柱 (ばしら)」、とてもはばの広 (ひろ)いかもいである「ちょうもん(ちょうもの)」など、大 (おお)きな材木 (ざいもく)を使 (つか)うこともとくちょうの一つでした。

15

今は? 電気コタツ 湯たんぽ(ユタンポ) 使用年代 室町~昭和中期 (50年ぐらい前まで) 使い方 夜寝る時に布団の中で足を温める道具。

6

これを温石( おんじゃく)といいます。 機織り機 綿の種とり機 綿花から種を取り出します。 ぼくは印刷機ではなくさっぱんを使ってみかったです。

7

消し炭 まきや炭の火を消し壷にいれて途中で消して作ったやわらかい炭です。 びっくりしました。 歯の間隔は、約2~3mmです。

9

陣笠 今は、ぼうしです。