服部氏は「宣言解除で何の措置もなくなると誤解されてはいけない。 今後、数日の動きを見るとともに、専門家の意見も踏まえたうえで、国に対して宣言の解除を要請するか判断したい」と話しています。 (小沢慶太) 解除時期については、県側からは明示しなかった。

5

感染状況が4段階で下から2番目となる「ステージ2(漸増)」への改善を解除の目安とし、県の試算では7日ごろに条件を満たすとの見通しを示していた。 服部氏は「現在の新規陽性者の発生状況を踏まえると、今後も病床使用率は50%未満を維持できる見込みだ」と説明した。

17

緊急事態宣言が延長された福岡県は、宣言の解除を国に要請するための2つの判断基準を設けています。 分かりやすさも必要だと感じている」としています。

12

23日の値もさらに下がり、改善傾向を示しているという。 県は4日に福岡、北九州両市などと協議して最終的に判断する。 新型コロナウイルスによる病床使用率には厚生労働省と内閣官房がそれぞれ発表する数字のほか、自治体がまとめた数字もあり、時には差が大きいケースもみられます。

13

九州・沖縄• 一つ目の新規感染者数は1月下旬から減少傾向にあり、4日時点の直近1週間の平均は117人で達成を視野に入れる。 新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言をめぐり、福岡県は24日、新規感染者が減少し、病床使用率が改善したとして、政府に対し早期の宣言解除を要請した。

7

専門家の意見も踏まえた県のシミュレーションによると、新規感染者が現在のペースで減少した場合、3月6日には入院者数が149人となり、最大確保病床の使用率がステージ3(感染急増)の基準となっている20%を下回る。

18

一時7割を超えていた病床使用率も、22日に49・6%と5割を下回った。 ただ、時短要請に応じた飲食店などに支払う協力金は、宣言解除後の扱いが不透明で、県は宣言下と同様引き続き国が財源を負担するよう求めていく考えだ。 県内では1月に福祉施設でクラ…. 1つは、1週間の新規感染者数の平均が7日連続180人未満となることで、22日の時点で57. (御厨尚陽、華山哲幸、泉修平). 県は宣言延長を前に独自基準の検討に入り、幹部は「首都圏とは感染者数が違い、同じように1カ月間の宣言延長は不要。

16

服部氏は、感染状況をステージ2に下げるまで、宣言解除後も飲食店などへの営業時間短縮の要請を当面は継続する考えも示した。 一つ目は高齢者の感染増大だ。

9