ジャクソン大統領との個人的な親交により、任命者承認までの期間を特例として代理。 外交筋は「ブリンケン氏が国務長官に栄転しても再びこの店を訪れるのか、楽しみだ」と話した。

16

「バイデン氏は中国と対峙するにあたって、まずはアメリカの同盟関係を強化することから始めるだろう。

20

パリの ()で学んだ。

1

バイデン氏としては、トランプ大統領が主導した「アメリカ第一主義」から、国際協調路線への回帰に向けて、過去の経験と知見にのっとった外交を目指す姿勢を鮮明にした形です。 当時国務副長官だったブリンケン氏は、この店で純豆腐チゲを食べた。 オバマ政権期にはやの内戦への介入を主導し、掃討作戦の有志連合構築にも主導的役割を果たした。

記者会見では、について政権の立場について説明しました。 バイデン大統領は、これらのキーパーソンと共に、対中外交を進めていくとみられています。 ポンペオ国務長官は国務省公式サイトにも声明を発表し、「米国は世界各地の宗教の自由が促進されるよう努力し、全ての人の思想、良心、宗教の自由を行使する権利を保証することを再度明言する。

戈壁東氏 「中共という共産主義政権、共産主義のイデオロギーが米国にどれほど深く浸透しているかについて、すべての米国人が理解しているわけではない。 だが民主党内では確実に新政権発足の陣容が語られ始めているので、分かる限りの顔ぶれを記したい。 2021年2月8日 2021年2月8日閲覧。

これは変わっていない」 との関係について、ブリンケン氏は明確な態度を示さなかったものの、イラン核合意に復帰する予定のバイデン政権の意向を示唆しました。