メーターのデザインは、ハイブリッドやガソリン、エアロ仕様などでわけられ、それぞれのグレードの特徴を表現。

6

パワートレインの最後の話題として、最近ラインナップが増えつつある プラグインハイブリッド設定の可能性は、「メカニズム的には可能」となっています。

3

アルファードとヴェルファイアではデザインが異なるため、ホンダ・N-BOXのようにCustomモデルを設定し、デザインの差別化を図るのではないかと推測。

10

新設計「DNGA」を採用。 内装装備には大型の「ディスプレイ・オーディオ」が装備。 懸念はプリウスPHVの不振 そして注目なのが、新型アルファードにPHVのラインナップが予定されていること。

静粛性も高い。 「初代アルファード」と「二代目アルファード」の人気は同じくらいですが、中古車平均価格が違いますね。 もしかすると何かしらのリーク情報を元に描かれている可能性はありそう。

5

アルファード/ヴェルファイアの販売比率はおおよそ8対2なので当然の判断だろう。 知らないということが一番こわいのです。

9

新車販売ランキングでは、アルファードは6月4位、7月5位、8月5位。

19

つまり、「 ヴェルファイアはモデルチェンジを機に販売終了する可能性」が高そう。 新型アルファードにどのようなパワーユニットが搭載されるのか期待されます。 2020年1月の一部改良 T-Connectの契約でApple CarPlayやAndroid Autoが利用できる車載通信機DCMが標準装備されました。

20