」 とあります。 正式名称は「の推進を図るための関係法律の整備等に関する法律」。 もお読みください。

4

神奈川県川崎市ではバリアフリー化を推進していましたが、全国一律の基準(横断歩道に接する歩道の段差は2センチに定められていた)に合わせると車椅子利用者にとって不便になるなどの状況が発生していました。 これによって地方公共団体は、より質の高い行政サービスを提供できるようになります。

2

今後の生涯学習や情報化の拠点として役割が増す図書館に専門的職員を置くのは時代の要請であり、住民の当然の願いです。 ではこのような成功事例が取り上げられています。

10

地域住民のニーズや地域特性を考慮し、政策を実施するのは地方公共団体の方が適しているからです。 2014年からは、委員会勧告方式にかえて、地方から提案のあった権限移譲や規制緩和に必要な関連法を一括改正する提案募集方式に変更。

15

ですから、地方のことは地方に任せることで、中央政府の負担を軽減すると言うのが地方分権の大きな目的になります。 この課題は従来の中央集権体制では対応が困難であり、地方公共団体が率先して対処し福祉サービスを充実させる必要があります。 このことから、国には地方公共団体に対する包括的な指揮・監督権があったと言えます。

平成26年から新たに導入した「提案募集方式」における地方公共団体等からの提案等を踏まえた「平成30年の地方からの提案等に関する対応方針」(平成30年12月25日閣議決定)に基づき、都道府県から中核市への事務・権限の移譲、義務付け・枠付けの見直し等を推進するため、第9次一括法などによる所要の法令整備が行われています。 1993年(平成5)から2001年(平成13)までの第一次地方分権改革で成立した「地方分権の推進を図るための関係法律の整備等に関する法律」(平成11年法律第87号)を意味する場合と、2006年以降の第二次地方分権改革を実現するための「地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関連法律の整備に関する法律」(平成23年法律第37号を第一次一括法とし、ほぼ毎年成立している第二次以降の一連の法律)をさす場合がある。 1995年設置の地方分権推進委員会の勧告(第一次~第五次)内容を実施に移すため、改正が必要な地方自治法など475件の法律を一括改正した。

13

本法は、四年目となる提案募集に対する個々の地方公共団体等からの提案に基づくものである。

2

道州制の導入は? 従来の県という単位は、交通網が今ほど整備されていない時に決められた区切りです。

16

この地方分権一括法により、「機関委任事務」が廃止され、「法定受託事務」と言う形になりました。

14