もちろん 運用次第では掛け金よりも大きなリターンを得られるiDeCoは魅力的ですが、人によってはどうしても投資を許容できないという場合があります。 しかし、 付加年金と国民年金基金は併用できないことになっています。 86歳以上長生きすれば得するとも言えます。

11

こう考える方はかなり多いと聞きます。 将来的には、所得代替率は50%くらいと考えておくといいでしょう。

10

掛金の増減が可能 口数単位で増口、減口できるので、余裕のある時は掛金を増やしたり、その逆も柔軟にできます。 まずは1口目として終身年金A型またはB型から選択を行います。

7

年金はいつからもらえるのか? 現行の公的年金制度では、支給開始年齢を65歳としています。 まとめ 自分にはどちらの年金が合っていると思いましたか? 付加年金と国民年金基金は、そもそも規模が違うためどちらがおトクか比較することは難しいです。

13

労働人口の減少で人手不足がずっと続いていますから、将来は75歳まで雇用されるような社会づくりが進められることでしょう。 当然ながら、国民年基金も破綻しないように対策を講じることになるでしょう。

19

この、老齢年金の受給が始まってからの控除と課税については別途考えます。

4

これからは2人に1人が100歳まで生きるといわれる超長生き時代に突入するため、終身年金で備えておくことは長生きリスクに非常に有効です。 まずはあくまでも基金の中で清算してその中で補遺するということになります。 表現が悪いかも知れませんが、長生きするリスクに強いと言えるでしょう。

12

仮に破綻した場合、 払い込んだ掛け金が戻ってこない可能性すらあります。 (参考元:) 国民年金基金は途中脱退不可なので、突然資金が途絶えて破綻するということはないでしょう。 年金システムが無くなって、ベーシックインカムが始まり、誰でも住まい食事基本的医療程度は無料で享受できる時代になっているかもしれません。

7

2017年からスタートした制度のため、ニュースなどで耳にしたことのある人も多いでしょう。

20