おわりに チュパカブラが実は犬を誤認したものだとしたら、大変に残念な話ではある。 この鳥チュパカブラは夜行性で、乳を吸われたヒツジは、以降それに関して機能不全となり、さらには盲目になってしまうという説もあった。 特にコヨーテという肉食動物などは普通に家畜を襲い、皮癬(ひぜん)という皮膚疾患を引き起こすらしいので1995年の男性が襲われた際の現象にも説明が付きますね。

17

ただ今までと違うのは、 2000年以降に発見されたチュパカブラは四足歩行 だというのです。 8m程だといわれています。

2

一旦はアルコールで瓶詰にした後自宅の納屋の中に放り込んでおきましたが、あの時の仲間が取り返しにくる事を恐れて警察に通報します。

17

- 自分のに「チュパカブラ」と名前を付ける。

2

このTwitterに対する反応 では「チュパカブラ=アルマジロ」だった!?という説に対する一般人の感想を紹介します。 確かに一連の目撃情報を精査してもその外見からしてまちまちで、大別すると宇宙人の様な生物とまるで太古の翼竜の様なタイプに分けられます。

13

棒状の体に羽のようなものが複数ついているその姿はまるで、約5億2,500万年前から5億500万年前の間に海中に存在していた 古代の節足動物である 「アノマロカリス」に似ていました アノマロカリスは古代の海において 「捕食者」というピラミッドの上部に存在しており、体長は数センチという小さなものから、 2メートルという巨大なアノマロカリスの化石も発見されています スカイフィッシュも同様で、数センチ程度のものから、大きいのだと30メートル程のものも存在したそうです また、スカイフィッシュの飛行速度は280キロ以上にもなるのだそうです。 チュパカブラはそのまま背中の羽を広げると、空に舞い上がり、UFOの中へと吸い込まれていったということです。 関連作品 - チュパカブラをモチーフとしている。

11

地球外生命体説 見た目の恐ろしさからも地球上の生物ではなく、地球外からきた生命体ではないかと考える説です。

20