薬指と小指は添えるだけです。

12

これがボールを送り出す時の基本です。 脇を閉めると、強い球にも対応できます。

2

クロスステップからのバウンズパス クロスステップからのバウンズパスは、 パスを出したい方向と反対の足を踏み出してパスを出します。 この姿勢がパスを受けるときの基本です。 ここからバトンの受け取りと受け渡しの両方が必要になってくるのでエース級にも関わらずチーム練習が必要不可欠。

10

何より大切なのは、パスをする相手に「ボールを丁寧に運んであげる」という意識でパスをしましょう。 私がバレーボールを始めたばかりの 頃も、もちろんパスが基本という ことで、オーバーハンドパスの練習を やっていました。

1

つかむときは吸収するようにつかみ、同時にヒザを少し曲げて沈みます。

10

重心が後ろにあると、身体とボールとの距離ができてしっかり力が伝えることができません。 絶対ムリですね。

10

『練習のポイント』• ボールを前に飛ばしたいときは、ボールを捉えると同時に、身体も前に出ていきましょう。

予選後にかけられた言葉通りに全力で飛び出すサニブラウン。 スポンサーリンク 目次• 「つかんで投げる」という練習を繰り返しながら、次第につかむ時間を短くし、クッションのように、ボールが入った弾く感覚をつかんでください! 下記の動画で、バレーボール オーバーハンドパス練習方法について説明をしています。

場合によってはフェイントで リバウンドをとったり、 相手のコートの穴を最初から 探しておくことで対処ができます。