金属製の落とし蓋 落とし蓋と差し水 豆を煮込んでいく際、豆が踊る(ゆで汁の対流により豆が揺り動かされること)と、煮くずれの原因となります。 開催報告 ) あんこづくり実演コーナーがはじまったら、ご参加のかたから、小豆を煮かたを熱心にご質問いただきました。 残念ながらここでサヨナラ。

なんで、私がどこで間違えたかってポイントを共有しておきたいと思います。

17

もし水で戻らない場合は、もったいないですけど廃棄しましょう。 煮始めて約60分経ち、豆が柔らかくなったら砂糖大さじ1を加えます。 裏のお豆農家さんがいうには、5年以上経ったお豆でも 状態さえ良ければ平気なのだとか。

お次はよくある金時豆の 失敗例。 小豆を煮るのって温度調整が大事なんですね~。

そして、砂糖は 一度に入れずに数回に分けて加えます。 調味料は最後の仕上げという段階で入れましょう。

14

コンテンツ• お鍋にお湯を沸かして、ぼこぼこと煮えたぎっているところをめがけて 乾いたままのお豆(洗わずに戻し始めるのが良い)をひとつかみずつ、 お湯の温度を下げないように投入していきます。 小豆をそのまま茹で続けると表面だけが柔らかくなり内部まで火が通りません。

5