謝罪に訪れた渡辺竜王の様子について、三浦九段は「『すみませんでした』と2回か3回、そういった言葉を繰り返し言っていただいた」と明かした。 漫画家の 伊奈めぐみさんと結婚したことで、 当時は話題になりました。 漫画は全てノンフィクション。

20

したがって理事よりは責任の軽い渡辺竜王が 減給30%を3ヶ月という軽微な処分よりも重い処分を 連盟執行部から受ける可能性はあり得ないと思われます。 お二人は詰将棋のチャットに 参加していたそうで、 ネット上で知り合った とのことです。

1

2月6日には佐藤康光九段が新会長に就任し、三浦九段との補償交渉などにあたっていた。 次に今回の自分の行動意図について。

6

息子が小学2年生で、私はPTAをやっていたので、連載物を描く余裕がなくて。 夫の変なセリフとか、行動とか。 渡辺竜王は連盟の運営をどうするかの決定権など無かったのですから、 渡辺竜王よりも決定権のある理事たちのほうが責任は重大です。

2

現在、別冊少年マガジンで『将棋の渡辺くん』を連載しています。 それこそコンピューターの指し手をみる方がましである。

18

渡辺明竜王も10月20日発売の『週刊文春』の取材に応じ、三浦九段が将棋ソフトを用いて不正な対局をしていた可能性を指摘した。

10

棋界の8大タイトルの1つ「棋王」の称号を持つ天才棋士、渡辺明さんの奥様は、漫画家の伊奈めぐみさんです。 番組HPによると、第1部はこの4人でトーナメント戦を行い、「プロ野球最強将棋王(球王)を決める」となっており、この解説を渡辺名人と久保利明九段が務める。

これから、将棋連盟が発展するように尽力していきたいと思っている」と心境を語った。 週刊SPA(11月1日号)では、連盟の対応について棋士から疑問の声が多く上がったことも報じられています。

9