緊張するような場面を想定してイメトレしておく 緊張するような場面を想像してみてください。

13

失笑恐怖症ということに関しては、テレビで失笑恐怖症の悩みについて相談するという形でカミングアウトしていました。 しかし、「呆れてしまう」「馬鹿にする」というような意味で「失笑」を使うのは誤りです。

4

4.笑ってはいけない時に笑ってしまうのではないかと恐怖心がわく。 失笑恐怖症とは 失笑恐怖症とは、笑ってはいけない場面で思わず笑いがこみあげてきて、我慢できなくなってしまう病気です。 そうすることで実際同じ場面に出会った時、一度頭の中で体験しているので、極度の緊張を防ぐことができます。

確かにつらいですね、周りの人との関係も悪くなるかもしれないし。 その他にも葬儀などの「絶対に笑ってはいけない場所」で笑ってしまったり、 また、歯医者で口を開けていなくてはならないのに笑いがこみあげてくるなどの症状も、 失笑恐怖症の可能性があるという。 親は子供の見本でなければならないのです。

16

失笑恐怖症は「笑ってしまったらどうしよう」という恐怖や不安で笑いがこみあげる状態です。

5

主な症状は、笑ってはいけない場面だと逆に笑ってしまう。 そうしなければ、方法がわからずにプレッシャーに押しつぶされて失笑恐怖症になる可能性があります。

19

少なくとも、笑ってはいけない場面という認識をしているということは、空気を読む力があるということ。 失笑恐怖症は、ストレスからくるものなので、リラックスして 何も考えないようにしましょう。