そして、フィンセン文書流出でディープステートが狙うものとして、もう一つ考えられるのが「中国共産党」だ。 最近、日本の報道からもコロナがただの風邪という説が出てきた。

19

・・ まさに「民族存亡の危機」が食べ物から来てしまうのである。 こんなことを、石油メジャーが初めて認めたという。

7

そういった行動を顔出しでされているということは、それだけ自信をもって発信できる内容であるということは確かなのではないかと思っています。 そして、この「IBOE」を保証している人物の一人が『「第4の神器」を所有する鎌倉に住む紳士』であり、また「第4の神器」とは茶匙のことであり、この茶匙を所有するものが日本の真の天皇であるということのようです。

4

この指摘は、コーリー・グッド氏やの開示した宇宙イベントである 「ソーッシュ」をイメージさせます。 さらに、原田武夫氏は、デフォルト後の日本の通貨について「価値の保存機能を持たない」と言っていた。 となるとやはりトリガーは「フィンセン文書」か。

その都度、莫大なマネーが海外の製薬会社に流れていくことになる。 あれやこれや根掘り葉掘り何でも聞いてしまう。 つまり、実際にはコロナに感染していなかった。

20

アストラゼネカが新型コロナワクチンを日本へ1. となると、この件は、政府機関内部の正義に燃える一職員がトランプ優勢の状況を見て、故意に流出を図ってジャーナリズムの正義に託したのだろう。 今後、グローバルリーダーシップは民衆から出てくる怒りのチカラでぶちのめされる。 という訳で、今後の世界を知りたい人。

20

その中には大外れだ!と言われている情報もあります。

15

【トランプ氏「私は免疫ある」】 米国のドナルド・トランプ大統領は11日、自身には新型コロナウイルスに免疫があると発言した。

3