「empty song」 硝子さん• 繰り広げられる二人の恋愛頭脳戦に、知らず知らず巻き込まれた生徒会書記・藤原千花。 「君、MBならも少しブロック練習した方が良いんじゃない?」 月島も相手を挑発して煽るタイプだが、黒尾も煽り上手である。

17

「身長も頭脳も持ち合わせてるメガネ君が チビちゃんを対等どころか敵わない存在として見てるなんてさ」 月島はバレーに対する熱い気持ちと裏腹に、一生懸命になってもどうにもならないとその気持ちにストッパーかけてしまい、心がバラバラだったのかもしれない。 「天空の その上で…」 高村恵美さん• もし良ければ参考にしてみて下さい。 烏野でチームイチの身長を誇るミドルブロッカー。

がんばってもいつかは必ず負ける。

長文失礼いたしました! 2016年10月15日 11時 id: - 初めまして! あの、アドバイスと言ったら上から目線みたいで申し訳ないのですが、菅さんが使ってる方言が少し違う気がします 上から目線みたいで申し訳ないです。

14

バレーが楽しくないのはへたくそだからじゃない? 日向と影山に触発されるようにして、烏野のチームメイトたちはぐんぐんと成長していく。 黒月 月島side• 「戯言」 逢沢吉良さん• それが小学生だった月島の心に影を落とすことになる。

3

黒尾に日向と比べられ挑発されると、「日向と僕じゃ元の才能が違いますからね」と自分を卑下する。 」」 有沙さん• The 小説 "月島蛍の受難" is tagged "ハイキュー! 【SO】・・・他作者様の作品の設定をお借りしたスピンオフ作品です。