但熊を経営するのは養鶏農家の 西垣源正さんという方、周囲の反対を押し切り卵かけご飯専門店を開業して大人気店へと成長させました。 それを見た西垣源正さんは、逆に車で農家を回り野菜を集めます。

1

高級な魚粉など約25種類の原料を自ら配合したエサを鶏に与えるなど、コストをかけたこだわりの卵。 着想から3年後、卵かけご飯店オープン。

1

山あいの集落で一旗あげると、試行錯誤。 まだまだ始まったばかりだけれど、ほんの少しずつ前に進んでいる実感はある。

たまごにかけるお醤油(のが開発)• でも、一過性のものと思っていた西垣さん。

自分はひねくれものという西垣さん。 「簡単に出来る」と、うたっているのは信用できなかったので。

西垣源正さんの卵に掛ける情熱と、絶対に諦めないという信念が逆転人生を実現させたのです。 2008年には、に、卵かけご飯を中心のメニューとした定食店が開店した。

11

, (2010. 黙々と家族で山のような(あまり美味しくもならなかった)メロンを食べることに。 それでも 西垣源正さんは自動販売機を設置することを決意します。

9