育児休業等を取得した者および育児を目的とした休暇制度を利用した者の割合が合わせて15%以上、かつ、育児休業等取得者1名以上 女性教職員:育児休業取得率80%を継続して維持する。

13

10 モデル計画J:既にくるみん認定を受けており、両立支援制度が充分に整っている会社• 福岡県• 令和2年4月1日以降が始期となる行動計画を作成する場合の様式• また、従業員のニーズを把握するにあたっては、以下のような項目を調べてみましょう。

3

(当該平均値については賃金構造基本統計調査に基づき、別表(産業ごとの平均値)は雇用環境・均等局において算出し、別紙(製造業中分類)は雇用環境・均等局による特別集計を行ったもの。 改正内容について• 認定段階3 企業表彰• この法律において、企業は 「一般事業主行動計画」を策定することとなっており、事業主は一般事業主行動計画を策定し、その旨を都道府県労働局に届け出ることとされています(従業員301人以上の企業は義務、300人以下は努力義務)。

17

6 モデル計画F:認定を目指し、両立支援対策の充実を目指す会社• 石川県• 平均的な利用期間はどのくらいか。 育児休業から復帰した時間制約のある女性が、季節による業務量の繁閑差等により、元の業務遂行や本来の役割を果たしにくい場合がある。

15

加速化Nコース 行動計画に盛り込んだ取組内容を実施(=「取組目標」を達成)し、数値目標を達成した場合に支給 支給額:28. 認定の申請または特例認定の申請を予定している場合は、申請の際に公表および従業員への周知をした日付が分かる書類が必要になりますので、以下のような書類を保存しておいてください。 2 行動計画の外部への公表と従業員への周知を行ってください 行動計画を策定(変更)したら、行動計画そのものを一般に公表し、従業員への周知を行ってください。

12

徳島県• 行動計画が企業の実情に即したものとなるように、仕事と子育ての両立にあたって障害となっている事項や、従業員のニーズを把握しましょう。

13