まず事件の影響で禁止していた選手個人ブログの開設やの利用を解禁。 東京愚連隊 NOSAWA論外らによるユニットとして結成され自主興行も開催。

4

(D)• 18』ベースボール・マガジン社、2016年。 岡村正史「プロレスという文化」(2018年)ミネルヴァ書房 21頁• : の番組「」のブースのテレビ。

その一員だった(現:TAJIRI)によると「まだ時間があるからと立ち寄った喫茶店で小鹿さんがクリームソーダを注文して緊張で、それどころではない選手たちはとりあえず「俺も」、「俺も」と注文して皆でクリームソーダを飲んでいました」と述懐している。 銀行振込の際はそちらに振込先を明記しております。

10

10』ベースボール・マガジン社、2015年。 それ以前にも2006年9月にが株式を公開して将来的に上場するという予定を発表していた)。

15

体全体をデザインとするため、など覆面レスラーに着用者が多い。 競技性を売りとする系の団体では、コンディション調整に時間を割くため、興行数は年間数試合から数十試合程度となっている他、対戦するレスラー同士が会わないよう、別のホテルに宿泊させて競技性の保持に務めた。 にアメリカのプロレスラー、が弟子のを連れて来日し、に対戦を要求。

12

2009年に蛍光灯445本デスマッチが行われた。 また、当時東京プロレスへ移っていた猪木の穴を埋めるべく、日本代表であったを獲得。

5

東京、1954年。 9月9日の大会にて関本が、奪取に成功。

9

ONE MORE BJ 、インディー団体としての原点に立ち返りつつ更なる一歩を踏み出す。 (映像プロデューサー、ディレクター、BJ-X店長兼任)• の同会場最終営業日に特別興行を開催。

13