気管支喘息• 食欲不振は低栄養状態、免疫力の低下につながる。 また、痰の性状も観察し必要であれば超音波ネブライザーや加湿を行うと、さらに痰が喀出しやすくなることがあります。 全身麻酔が終了すると、気管チューブを抜管して自分で呼吸をするようになりますが、 気管チューブが抜けた反動で急に上気道が閉塞してしまうことにより、体は呼吸をしようと努力します。

16

そのため、自力で痰を喀出することが困難な患者さんも多いのではないでしょうか。

5

また、咳嗽や高熱の持続は体力が大きく心身ともに苦痛を生じる。

3

まとめ 呼吸困難時の対応として書いていきましたが、まとめると 看護の初期の援助としては 姿勢と体位のアセスメントです。 JPGL2017 小児気管支喘息治療・管理ガイドライン でも「気管支喘息の治療管理に関する基本的考え方に沿った治療目的を達成することは患者教育がゴールとして定める重要な任務である。 根拠・留意点• 必要なのは何個かあげてみたけど、あと1週間しかないので数は減らしたほうが良いですよね・・・。

15

小児気管支喘息の9割程度が『アトピー型喘息』といわれているため、アレルギー疾患に関する情報収集も早期に行う必要がある。

15

目標は、患者さんの現状に即して設定しましょう。 臥床時から実施可能なリハビリテーションを行う必要がある。 喫煙していた患者は肺機能が低下しているため、痰を喀出する力が低下しているので、無気肺になりやすいのです。

1