メーカー。

(2010年11月) では、戸畑で操業していた東洋製鐵 と1921年当時から、戸畑地区で生成する熔銑を船舶で八幡へと輸送していたが、海上輸送のリスクと不経済性が指摘されていた。 (昭和4年)1月 - 九州製鋼の大形工場が操業開始。

3

この操業に当たっては先に国内初の成功を収めていた釜石鉱山田中製鉄所から選抜派遣された7人の高炉作業者が派遣されている。 東田第一高炉跡。 熱延鋼板を原板とするの工場は戸畑地区にある。

10

。 計画された工事はおおむね1960年度に終了し、同年度の粗鋼生産量は520万トンに増加した。

1273億6000万円に増資。

17

- 近代化産業遺産の構成資産の一つ。

5