牧草に関してはあまり神経質になる必要はありませんが おやつや補助食であるペレットの量はきちんと守りましょう。 デグーが暖かく過ごす冬のケージのレイアウトや配置 デグーは寒いのに強いと思われがちですが、実は寒いのが苦手です。

と言ったところでしょう。 複数で飼う場合は相性が大切。 ケージには温湿度計を設置して管理する事をおすすめします。

専用のフードでも成分を見て、糖質と脂質を摂りすぎないようにしましょう。 排泄物の匂い対策対策としては特に糞にオシッコがかかると雑菌が繁殖し臭いの素となります。

20

冷え込みに対応出来るよう、 防寒グッズは早いうちに準備しておきましょう。 餌入れ:600円• このような状態は、妊娠中の子どもだけでなく母体であるデグーの健康も悪くなりやすくなり、死に至る可能性があります。

しかし、デグーの中でも体の弱い個体が出やすいパイドなどは、もっと寿命が短い場合もあると思います。 寿 命:5~8年 見た目はTHE・ネズミといった風貌ですが、デグーの毛色にはさまざまな品種があるんです。

5

大人になっても使い道は沢山 これが実は嬉しいのです。 また台風などで気候が安定せず、 気圧の変化によって体調を崩す子も結構いるので、 日々の観察はしっかり行うように心がけましょう。

10

そのため、飼い主が定期的に敷き材を換えるようにしましょう。

まずは、これ以上外に出ないようにドアや窓を閉めて、それからおやつなどでケージの中に誘導してください。 平均体長は12.5~19.5cm、平均体重は170~350g。

8

また、ヒーターを設置する際は温度の上がり過ぎに注意して下さい。 大きく分けてデグーのために必要なケージは、アクリルケースか金網タイプのケージが主流です。 品種改良によって作り出されたデグーです。